医師のに必要なパソコン

パソコンと医師の問題

パソコンを多用する医師の問題

最近、診察をする場合にパソコンを利用する医師が増えています。患者の既往歴の検索や治療の状況を確認するなど、医療の正確性を把握するために利用することは問題ないのですが、中には患者の顔を見ずにパソコンの画面ばかりを見ている医師も非常に増えており、患者とのコミュニケーションが適切に行われない場合が増えています。診察を行う際には患者と正対し、患者の顔を見ながら診察や所見を説明することが、適正な診療を行う上では重要です。

医師の仕事とパソコンについて

かつては医師の仕事は膨大な知識を頭の中に入れ、それを使って医療に従事するのが基本的でした。しかしながらITが非常に発展した現代においてはパソコンを有効活用した新しい医療の形が始まってきていると言えるでしょう。血液検査を含む数多くの情報は電子データとして管理され、容易に様々な情報と照合することが出来る様になっています。この様な仕組みが確立することにより、医師はパソコンを活用して様々な情報を得て、医療に活かすことが出来る様になってきたのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.