医師が処方する薬の量

医師が判断すべき薬

医師に必要な薬の量の判断

医師によって、薬の処方の仕方は異なっています。ずっと同じ量を飲み続けると、副作用が出てしまう場合があります。症状が改善したら、量を減らしてくれる人を選ぶようにしましょう。病気の改善のために飲み続けることは必要ですが、良くなってきたらやめなければなりません。惰性で同じものを処方する人もまれにいますが、そのような人は避けた方が良いです。症状に応じて処方してくれる人が最近は増えています。そのような人の病院に行きましょう。

医師の処方する薬について

医師は、患者の抱える疾患に見合った適切な薬を処方しています。処方の際は、患者の使用状況の中で診察を繰り返し、体調の変化に支障はないか、余計な負荷がかかっていないかといった点を配慮しています。用法、用量が適切かどうかについては、他の専門スタッフに確認することもあります。あくまで患者の治癒力を引き出すきっかけを与えていることになりますので、中止や増量、減量、変更のタイミングといった判断も大切になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.