医師と保険のことについて

医師と保険のこと

健康保険の医師受診の本人負担

医師の診療を受けると、医療費が請求されます。但し、日本に在住している人の多くは、その医療費の全額を支払う必要はありません。受付窓口で健康保険証を提示することで、負担割合が軽減されるからです。負担割合は、一般的には3割負担ですが、少額入学前の子供や、70歳以上の方は、2割負担となります。但し、70歳以上の方でも、現役世代と同等の収入を得ている方は、3割負担となります。このような医療費の一部を負担するだけで診療を受けることが可能なのは、診療を受けた医師のいる医療機関が、保険医療機関だけです。そうでなければ、10割負担となります。また、保険医療機関で診療を受けたとしても、美容整形や研究中の先進医療を受けた場合には、その分の医療費はすべて負担することになります。例えば、ガンの治療を受けるために、標準医療と先進医療を組み合わせた治療を受けた場合、標準医療分の医療費は2割または3割負担ですが、先進医療分の医療費は10割負担となります。

医者も保険に加入しよう

医師の仕事は患者の命を預かっていると言っても過言ではありません。ただ業務内容によっては患者に対して損害を発生させてしまう可能性も少なからず存在しています。そういう事を気にせずに安心して医師としての仕事を全うする為にも保険に加入しておく事はとても重要です。勿論健康に留意して仕事をする必要もあるので、損害賠償に対しての物だけでなく、健康に配慮した内容の物にも加入しておく事が重要となります。そうした内容の保険に加入しておけば、安心して医師としても仕事をする事が出来るでしょう。保険を実際に使く事は少ないかもしれませんが、もしかしたら、万が一と言う時の為にも自分に必要な内容の物に加入しておく事はとてもメリットがあると言えます。またどのような内容にすれば良いか分からないという時は、プロに相談すればいくつかのプランを提示してもらう事もできるので、その中から自分の気に行った内容の物を選べば何も問題は有りません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.