医師が守らないといけない事

医師と規則について

医師の職務や資格を定める法律

医者の全般の職務や資格を定めたものに「医師法」があり、1948年に施行されてすべての医者はこの規定に則り医療にあたることになっています。この法律には、その任務、欠格事由、免許の届出、処分から受験資格など細かい規定が設けられています。また義務として、療養指導義務、診断書の交付義務、処方箋の交付義務、無診療治療の禁止、診療録の記載及び保存義務などを負うこととなっています。国家試験に合格した者ので、厚生労働大からが免許を与えられた人が医者として医療にあたることができます。法律で医者になれない人には「未成年」「成年非後見人」などがあり、心身の障害、禁止薬物使用、罰金刑以上の刑に処せられたもの、医事に関する犯罪や不正を行った人も医者になれません。なお、守秘義務や自殺関与に同意殺人などは「刑法」の管轄となります。医師法を守らなかった場合には罰則も設けられていて、人の命を扱う者としての厳しい規定になっています。

医師と法律の関係について

医師は医療に関連する法律を知っているだけでは業務をスムーズに行う事は難しいです。様々な職種の人間や患者が生活をしている地域の社会資源に関係する人々と連携しなければならないケースが多いので多様な法律を把握しておく必要があります。医師は単にそれを知っているだけではなく患者の状態やニーズに応じてそれをうまく使いこなさなければならないです。また、それに変更があれば迅速に把握し日々の業務に活用する事が出来るようにします。医者はたくさんの法律を知らなければならないので精神的にも肉体的にも大変です。しかし、それを軽視すると患者や社会から信用や信頼を失い、専門職として勤務を続ける事が難しくなります。心身が疲弊しない範囲でそれは順守した方が良いです。より多くのそれを知り、うまく使いこなす事が出来れば多くの人々から長期間にわたって信頼されます。すべてをいきなり把握するのは大変なのでより優先度の高いものから学んでいった方が良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.