医師になる為のお金と時間

医師になるためには

医師になる為に予備校に通う人も

医師になるためには医学部に合格して勉強や実習を行うことはもちろん、国家試験に合格することも重要です。ですが、大学の授業だけでは不安だと思う方もいます。そのため、国家試験対策のための予備校があり、通っている医学生も多いです。医師の国家試験対策の予備校では、一人で集中して知識を身に着けていくということも重要なのですが、それだけではなく、仲間と共に協力し合って学んでいくということに力を入れているところがほとんどです。その理由としては、医療の現場では医師は一人ではなく、多くのスタッフと連携して患者の処置を行っていきます。そのため、学生の頃から仲間と協力し合うことを身に着けることで、いざ現場に出た時にもスタッフとの連携が取りやすくなり、適切な処置や判断に繋がります。予備校の中には24時間開放していて、自主学習を行うスペースとして施設を使用出来たり、国家試験まで一人ひとりをサポートする体制が整っているところもあるので、より良い状態で国家試験に臨むことができます。

予備校経由の医者への道。

医師になるためには、国家試験を合格しないといけません。しかし、この国家試験は合格確率90%と高めです。つまりは、医学部の大学に入り、きちんと勉強さえすれば誰でもなれるというものです。その為には、予備校に通ってまで医学部の大学に入学しないといけません。しかし、医学部の大学は普通の大学と大きく違い、医学部のある大学自体がさほど多くありません。そうなると、必然と競争率が跳ね上がり、倍率も高めです。しかも、医学部に行かせようとする親御さん自身も開業医で病院を継がせたいわけです。そうなれば、中学のころから予備校に通わせて、良い高校に行かせて医学部のある大学に合格しやすいようにしているわけです。つまり、医師になるためには大学での勉強と研修医になった後の生活の時間と、予備校での勉強、そして月々の月謝と、何かと時間とお金の出費がかかわってきます。ですので、大半の人はどこかしらの病院の子息が医学部に多いわけです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.