医師にもあり得るミス

医師にもミスがある

医師だって人間なのでミスもある

医師も人間です。当然、ミスもします。間違ったオーダー、薬の量、投与回数の間違いなど医療現場では命取りになることだってあります。しかし、このような事態を起こさないために医療従事者はみんな協力し、確認しながら仕事をしているのです。一人の医師のせいではありません。病院など、組織として間違いをなくすようにシステム作りをしていく、そしてもちろんできる限り間違いを起こさないようにする、起きてしまった間違いを二度と起こさないようにする姿勢こそが大事です。

医師のミスを指摘するには

医療の世界では小さなミスから大きな命とりに発展する恐れが有り、患者側がそのミスに気付いたとしても、医師との信頼関係が壊れてしまう恐れがあって遠慮しがちです。この際転院など病院を変える方法をとられがちですが、その他の手段としてセカンドオピニオンを利用する手が有ります。セカンドオピニオンとは別の医師からの第二の意見をもらうことです。患者から診断や治療方針について、疑問を抱えている事を主治医以外の意見をもらうことを指します。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.