様々な医師の月収について

医師の月収はいくら

医師の月収に注目しよう

医師の月収は、経験年数や勤務先の人事のシステムに大きく左右されることがあります。そこで、採用試験を受験するにあたり、前もって担当者に問い合わせをすることで、将来的なトラブルの発生を最小限に抑えることができます。現在のところ、高額な月収が設定されている医師の求人に対するニーズが高まってきており、少しでも迷っていることがあれば、色々な立場の日とのアドバイスを参考にすることにより、何時でも冷静な対応をとることが可能です。

医師の月収を比較すると

医師と言えば高収入というイメージがありますが、その収入はどのくらいなのでしょうか。年収をみると勤務医より開業医の方が多いようです。ある統計によると、勤務医の年収の平均は約1400万円、月収にすると123万円というデーターがあります。大学医局で見ると年収では講師が700万円、助教授で800万円、教授が1000万円という数字も出ています。また科別の月収をみてみると精神科や病理医が約120万円と上位を占め、低いのは小児科、放射線科、産業医などの医師が約80万円となっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.