医師の残業はどれくらい

医師は残業が多いのか

医師が残業で気をつける事

医師が働いていれば、想定外の業務が発生して残業になることがあります。できるだけ時間通りに動きたいものですが、人手不足の病院の場合にはそううまくいかないケースもあるのです。残業でも自分の身体にとって無理のない時間だとよいのですが、無理をして働いている場合もあるのではないでしょうか。働かざるをえない場合も多々あるものですが、長く医師を続けるためには体調の管理も大切ですから、調整をスムーズに行えるように心がけることも重要なのです。

医師にとっての残業について

医師の仕事の多くは人を相手にするものです。それも緊急性が高いケースが非常に多いため、残業になる場合もあります。しっかりと時間を区切って対応できる業種ばかりではありませんので、完全予約制でもない限りは医療を受けたいと言う希望があればそれを拒むことができないのです。したがって一般臨床の病院の場合には、患者が殺到するような状況になればかなりの残業が発生してしまうという状況もあり得るのです。これは医師という職業の宿命です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.