女性医師の苦労とはなにか

女性医師について

女性医師の悩みとは一体

女性の苦労は、やはり子育てにまつわる物でしょう。同業者同士結婚された方に、苦労が多い印象があります。夫が医業に専念すれば、子育てや家庭の切り盛りは、妻がするほかありません。男性医師の育休取得や、短時間勤務などは、現場ではほぼ異端です。女性医師は、産婦人科や小児科などを受診する患者、家族の満足度を上げており、今後の活躍がますます期待されます。しかし、夜間の呼び出しや緊急の分娩、手術などに十分対応することが可能とは言いづらい状況です。もちろん、さまざまな取り組みが行われ、現場も変りつつあります。

女性医師同士の理解を得るために

病院によっては、元々看護師さん向けであった24時間オープンの院内保育所を、申込なしで利用できるようにしています。夜間の呼び出しに対応できる回数が増えるかもしれません。また、ベビーシッターやファミリーサポート利用の助成を行っている所もあります。しかし、設備や行政のサポートだけでは解決しない問題も多いです。そこには、現場の、特に同じ女性同士の理解が不可欠と考えます。家庭の事情や苦労の種類は人によって異なります。温かく見守ってもらうことは出来るはずです。そのためには、日頃から良好な関係を築くことが不可欠です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.