麻酔科の現状はどうなのか

麻酔科の現状を知る

日本における麻酔科医師の現状

近年、医師不足が囁かれる中で麻酔科においても同じことがいえるでしょう。現状としては人手が足りず、常に募集をしている、という病院もあるのではないでしょうか。ただ、もちろん病院によっても違ってくるので一概にこうとはいえないのが現状です。もしも麻酔科で勤務されることを望む場合には、じっくりと病院について下調べをしてみることも大切です。働く医師の環境を調べることで自分の健康管理にもつながりますから、しっかりと確認しましょう。

手術で重要な麻酔科の現状

病院で大きな手術をする場合、麻酔科の医師のサポートは現状では必須であると言われています。麻酔が一般的でなかった時代の手術は極めて苦痛を伴うものでしたが、麻酔が一般的に使われるようになり随分と様変わりしました。麻酔科医は外科から発生した分野とされていますが、今では独立した専門性が存在しています。麻酔を担当する医師は現状不足しており過酷な勤務状況であることが知られています。手術には必要不可欠な存在であることから、今後の課題であると言われています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師にゆだねられる判断は. All rights reserved.